« 外患の危機と天皇中心帰一の國體精神 | トップページ | 牧口常三郎創価学会初代会長の「天皇観」「国家観」について »

2011年10月 9日 (日)

千駄木庵日乗十月八日

午前は、母のお世話。

午後三時より、新宿区霞ヶ丘町の(と言うよりも青山のと言った方が分かりやすいが)日本青年館にて、「青年思想研究会  しのぶ会」開催。緒方孝名議長が挨拶。黙祷の後、山口申・阿形充規・犬塚博英・蜷川正大の各氏及び小生が挨拶した。青年思想研究会には、長い間、共に運動をしてきた同志の多くが加盟している。亡くなられた関係者にも色々お世話になった方々が多い。今日はそうした方々の思い出を話させていただいた。

帰宅後は、『政治文化情報』の原稿執筆・脱稿・送付。

|

« 外患の危機と天皇中心帰一の國體精神 | トップページ | 牧口常三郎創価学会初代会長の「天皇観」「国家観」について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52943201

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月八日:

« 外患の危機と天皇中心帰一の國體精神 | トップページ | 牧口常三郎創価学会初代会長の「天皇観」「国家観」について »