« 竹内泰存師の『宮沢賢治と立正安国論』と題する講演・その二 | トップページ | 護国の英霊は今日唯今も祖国をお護り下さっている »

2011年10月23日 (日)

千駄木庵日乗十月二十二日

午前は、母のお世話。

午後一時より、平河町のJA共済ビルにて、国際シンポジウム「3.11後の報道や危機管理のあり方を探る」開催。活発な討論が行われた。内容は後日報告します。

この後、病院に赴き、父に付き添う。私がベットの横に座ると、薄目を開けと喜びの表情を見せてくれる。

帰宅後は、資料の整理。原稿を書く準備です。

|

« 竹内泰存師の『宮沢賢治と立正安国論』と題する講演・その二 | トップページ | 護国の英霊は今日唯今も祖国をお護り下さっている »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53059260

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十二日:

« 竹内泰存師の『宮沢賢治と立正安国論』と題する講演・その二 | トップページ | 護国の英霊は今日唯今も祖国をお護り下さっている »