« 千駄木庵日乗十月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

2011年10月 7日 (金)

小沢一郎氏の裁判について

今日の一連の動きをテレビニュースで垣間見て、小沢一郎氏はますます国民から見放され嫌われると思う。

裁判の内容はよく知らないし、知りたくもない。しかし、小沢さんの対応はやはりおかしい。大上段に検察当局への批判を行っているが、肝心要の容疑に関する詳しい弁明・反論は全く行わない。

記者の質問に対しても、まともに答えず、硬直した独りよがりの法律論というよりも屁理屈を恫喝的にまくしたてるだけ。これもおかしい。

腰痛で日本医大病院に担ぎ込まれるというのも不思議である。小沢氏のかたくなな態度・硬直した自己主張はかえって疑惑を深める。また、小沢氏自身の精神衛生にも良くないと思う。

|

« 千駄木庵日乗十月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52927751

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏の裁判について:

« 千駄木庵日乗十月八日 | トップページ | 千駄木庵日乗十月七日 »