« カダフィの死と大久保利通 | トップページ | 竹内泰存師の『宮沢賢治と立正安国論』と題する講演・その一 »

2011年10月22日 (土)

千駄木庵日乗十月二十一日

午前は、母のお世話。

午後二時より、江東区東砂の江東メモリアルにて、『宮沢賢治七十九回忌追悼法要』開催。竹内煌雲谷中・延寿寺住職の導師で法要。この後、若山和子さんが宮沢賢治の作品「よだかの星」を朗読。そして、竹内泰存師が「宮沢賢治と立正安国論」と題して講演。

帰宅後は、原稿執筆など。

              ◎

今日講演された竹内泰存師は、私が講師を務める「萬葉古代史研究会」の長年にわたる会員である。本日導師を務められた和田煌雲師はご子息である。

111021_145901_2

講演する竹内泰存師

111021_143801_2

朗読する若山和子さん

|

« カダフィの死と大久保利通 | トップページ | 竹内泰存師の『宮沢賢治と立正安国論』と題する講演・その一 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/53051482

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月二十一日:

« カダフィの死と大久保利通 | トップページ | 竹内泰存師の『宮沢賢治と立正安国論』と題する講演・その一 »