« 神々の恵みと祟りについて | トップページ | 山岡国家公安委員長は野田内閣人事の最大の欠陥 »

2011年9月 3日 (土)

千駄木庵日乗九月二日

午前は、母のお世話。

午後は、『伝統と革新』編集の仕事。

午後六時半より、春日の文京区民センターにて、「國體政治研究会」開催。小生が司会。中村信一郎代表幹事が事務報告。稲貴夫神社本庁参事・本宗奉賛部長が「エネルギー問題と日本文化」と題して講演。質疑応答。稲氏は、小生よりひと回り下の昭和四十四年生まれの亥年。明治大学工学部電気工学科を卒業した後、国学院大学神道学専攻科を修了されたるという異色の学歴の持ち主。父上が神職なので神職となられ、長く神社本庁で要職を歴任しておられる。原発問題と日本文化伝統について興味深いお話があった。終了後、懇親会。談論風発。

帰宅後は、諸雑務。

|

« 神々の恵みと祟りについて | トップページ | 山岡国家公安委員長は野田内閣人事の最大の欠陥 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52632948

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月二日:

« 神々の恵みと祟りについて | トップページ | 山岡国家公安委員長は野田内閣人事の最大の欠陥 »