« 四面楚歌と国家革新 | トップページ | 民主党政権になってから、国会議員の皇室への不敬言動が続発している »

2011年9月14日 (水)

千駄木庵日乗九月十三日

午前は、母のお世話。

午後は、明日の「萬葉集」講義の準備。

この後、病院に赴き、父に付き添う。熱が下がりよく眠っていた。有り難い。

午後七時より、ホテルサンルート高田馬場にて、『一水会フォーラム』開催。小林節慶応義塾大学教授が、「我が国の行き詰まりはやはり憲法に問題がある」と題して講演。活発な質疑応答が行われた。内容は後日報告します。終了後、懇親会。談論風発。高歌放吟はなし。

帰宅後も、明日の講義の準備。

|

« 四面楚歌と国家革新 | トップページ | 民主党政権になってから、国会議員の皇室への不敬言動が続発している »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52724189

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十三日:

« 四面楚歌と国家革新 | トップページ | 民主党政権になってから、国会議員の皇室への不敬言動が続発している »