« 「侵略国家の烙印」を徹底的に払拭しなければならない | トップページ | 四面楚歌と国家革新 »

2011年9月13日 (火)

千駄木庵日乗九月十二日

午前は、母のお世話。訪問介護の方と共なり。

午後は、水曜日に開かれる『萬葉古代史研究会』における講義の準備。

午後六時より、北青山の大東会館にて、『時局戦略懇話会』開催。当面する諸課題について討議。下條正男拓殖大学教授に出席していただき、竹島問題・宮内庁所蔵の朝鮮本韓国引き渡しの不当性などについて貴重なお話を伺った。

帰宅後も、講義の準備。

|

« 「侵略国家の烙印」を徹底的に払拭しなければならない | トップページ | 四面楚歌と国家革新 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52716118

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗九月十二日:

« 「侵略国家の烙印」を徹底的に払拭しなければならない | トップページ | 四面楚歌と国家革新 »