« 千駄木庵日乗九月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十四日 »

2011年9月24日 (土)

支那だけが「中国」ではない。わが日本も「中国」である。

私は、出来る限り、支那のことを「中国」とは書かず、「支那」と書くことにしている。わが国も、「葦原中津国」であるからであり、「中朝」であるからである。「中国」という言葉は固有名詞ではない。支那だけが「中国」ではないのだ。わが国も「中国」なのだ。

支那における「中国」という観念即ち「中華思想」には国境の観念がない。どんどん支配地域を広げても構わないというのが「中華思想」の考え方である。これを「中華帝国主義」と言う。事実、モンゴル・満州・チベット・東トルキスタンを侵略支配している。そして近年は海洋に進出している。台湾も沖縄も支配下に置こうとしている。

「中国という言葉はすでに定着しているのだから、中国を刺激してまで無理に支那と呼称することはない」という意見があるが大間違いである。これはわが国の尊厳性・文化の独自性の保持、突き詰めればわが国の独立に関わる問題である。

世界の先進国で支那を「中国」と呼んでいる国は日本以外にない。どこの国も「支那(英語ではChina)」と呼んでいる。支那の強要によってわが国が支那のことを「中国」などと呼称する自体、わが国にとってこれほどの屈辱はないし、「日本は中国の属国であり冊封国だ」と認めることになり、わが国がとてつもない差別思想である「中華思想」を容認することとなり、「中華帝国主義」に侵略され併呑される原因となる。

わが國もまた「葦原中國(あしはらなかつくに)」即ち「中國」なのである。山鹿素行の『中朝事實』という著書がある。これは徳川時代初期に著されたもので、「日本は神國なり、天皇は神聖なり」という思想が根幹にあり、後世のいわゆる日本主義思想に大きな影響を与えた。

平泉澄氏は「山鹿素行先生は…日本こそ他國にすぐれたる國であり、正しく中華といひ、中國といひ、中朝といふべき國であるとして、ここに日本の歴史を述べて、これに題して中朝事實といはれたのであります。…中朝事實こそは、長く外國の學問に耽り、外國の思想に惑ひたる後に、一朝目覺めて日本を發見し、日本の偉大に驚歎し、ここに眞の學問として日本學を樹立組織せんとしたる先哲の偉大なる足跡といふべきであります」(『日本學叢書 中朝事實』解説)と論じている。

山鹿素行は、我が日本こそ文化概念としての「中國」であって、支那は「中國」にあらずとの前提に立っているのである。

再び言う。支那だけが「中国」であるのではない。わが日本も「中国」なのである。

|

« 千駄木庵日乗九月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52813953

この記事へのトラックバック一覧です: 支那だけが「中国」ではない。わが日本も「中国」である。:

« 千駄木庵日乗九月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗九月二十四日 »