« 『都営交通100周年記念特別展』参観 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十七日 »

2011年8月27日 (土)

民主党代表選に思う

総理大臣の交代が日常茶飯事というのはまことに困ったことだ。日本はこのままでは本当におかしくなるのではないかという危惧を抱く。

テレビニュースで、福島の方が「総理が替わっても、どうこうなるものじゃない。我々が頑張るしかない」と言っていた。本当にそう思う。こういう国民がいるから、日本はまだ崩壊しないのだ。政治家が三流だろうと四流だろうと、国民が頑張るしかない。

農水大臣をしている候補者が「党が一つになるしかない」と叫んでいたが、それなら自分が立たなければいいのだ。おかしなことを言う。

鳩山元総理は、「マニフェストの原点に返る」などと言っているが、実現不可能なマニフェストが破たんしたから、今日の体たらくになったのだ。自分が総理の任をまともに勤められなかったくせに、こんなことを言うのというのはまさに無責任の極みだ。第一、鳩山は総理を辞めた直後、「もう政治家を辞める」と言っていたではないか。無反省・無責任の見本のような男だ。菅のみならず鳩山もペテン師だ。

無反省と言えば菅直人も然り。辞任の記者会見で「やるべきことはやった」と笑いながら言った。一言の反省の弁も無く、本人がこういうことを言うのはまったく無責任だ。

昔、自民党の総裁になってくれと言われた伊東正義氏は「表紙を変えるだけでは駄目だ」と言って断った。民主党は中身が駄目なままで表紙を変えようとしている。一刻も早く政権の座から降りるべきだ。

小沢一郎の影響下・支配下に置かれる総理では駄目だ。その意味では、野田氏が良いと思う。前原氏は今回は野田氏に譲るべきだ。

|

« 『都営交通100周年記念特別展』参観 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52575829

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代表選に思う:

« 『都営交通100周年記念特別展』参観 | トップページ | 千駄木庵日乗八月二十七日 »