« 千駄木庵日乗八月二十九日 | トップページ | 民主党代表選挙結果に思う »

2011年8月30日 (火)

ある講演の記録

ある方の講演記録を掲載します。

「東日本大震災における死者・行方不明者は、二万人強。これは、戦後六十五年間の自然災害による死者・行方不明者の合計数と同じ。陸前高田市は市民の九%が亡くなった。人口の多い所で起こった大震災としては歴史上最大。建物の倒壊での死者はほとんど出なかった。人類史上最初の例。耐震改修を熱心に行った成果。凄い水流で遺体がバラバラになった例が多い。

慶長大地震・大津波は、伊達政宗が仙台に来た直後に起こった。その時立てた対策が今日生きた。十五メートルの津波が来ても、慶長大地震の時に建てられた神社や祠が残っている。四百年前に被害が無かっだった場所に『神様のお蔭だ』と信じて神社や祠が建てられたからだ。伝統文化が大事。お寺は、昔の人が作った避難場所。先祖のお蔭で助かったことが沢山ある。

『安くて良い物を沢山売ります』というやり方は行き詰まっている。『みんなが言っていることは間違っている』というのが歴史の教訓。海外で日本製品が売れているのに、国内では売れていない。グローバルなものに関心を示さなくなっている。日本から儲けている国は少ない。フランスとイタリアはブランド品があるので対日貿易は黒字。

世界で一億円以上の自宅以外の金融資産を持っている人の六人に一人が日本人。日本には富裕層が一三七万人いる。中国は四十八万人。ドイツは八十一万人。英国は三十六万人。日本は人口が増えて地価が上がり、世界中から金が集まっている。相続税を払う平均年齢は六十七歳。この年になるとお金はあまり使わない。小判は価値があるが、証券・金券は価値なし。若い人に金が回らない。経済不況になる。社会全体が貧乏になる。過剰供給・価格崩れの悪循環。若い人の給料を下げるのを止めるべし。

需要総量が減少していく中、安物の大量販売に活路はない。コンビニの弁当は買わない。マクドナルドは食べない。こだわっているもの・少量で価値のあるものを買うべし。地域の価値は環境と景観と文化。独自性のないものは通用しない。

三陸は世界一の漁場。恵まれすぎて出来ないことがあった。土佐の鰹節・小田原の蒲鉾のようなものが三陸には無い。生のまま東京に売って満足していた。加工品は売らなかった。だから儲からない。隠岐の島のは加工品製造で雇用が生まれている。三陸は本気になって十年から二十年かけて加工品を作るべし」。

         ◎

経済のことはよくわからないが、ともかく、伝統を大切にし、神仏を敬い、父母を大切にし、真面目に生きていく、という事が大事なのだありましょう。

|

« 千駄木庵日乗八月二十九日 | トップページ | 民主党代表選挙結果に思う »