« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十六日 »

2011年8月16日 (火)

この頃詠みし歌

老いませる母の手をとりエレベーターに乗りて我が家に帰り着きたり

あれほどに活発なりし若き日の母を思ひて胸迫るなり

贈られし桃を母と食しをり 夏てふ季節の幸の一つぞ

やがて去る夏といふ季節を惜しみつつ汗かき歩む炎天の道

罪の無き人を殺して何になるとの単純なる疑問に答へたまへよ(ノルウェー乱射事件)

蒸し暑き八月九日ソ連参戦原爆投下の日なるを思ふ

日本人を幾十万も殺したる米ソが日本を裁きたる罪

松園の美人画描かれし栞をば雑誌に挟み潤ふ心

一定の酒量保てば百薬の長たるべしと今日もまた呑む

夕つ方一杯のビールにうるほへば生きて甲斐あるわが身なりけり

大調和と和解と感謝を説く宗教その総裁は逆のことする

|

« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52485704

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗八月十五日 | トップページ | 千駄木庵日乗八月十六日 »