« 千駄木庵日乗七月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月六日 »

2011年7月 6日 (水)

松本龍氏の辞任について

松本龍氏は、辞任の記者会見で自分のことを「粗にして野だが卑ではない」との言葉を残した果たしてそうか。粗とは粗末・ぞんざい・荒い、という意味。野とは野蛮・自然のまま・飾り気がない、という意味。卑とは卑しい・下劣、という意味である。

国務大臣は認証官であり、天皇陛下の臣下である。その自覚が大切である。したがって、下劣であったり卑しくあってはならないのは勿論だが、粗末でも困るし、野蛮でも困るのである。

松本龍氏は「粗にして野である」と自認している。山口喜久一郎という人が、何かの問題で衆院議長辞任した時、『やはり野に置け蓮華草』と言った。自分は議長になるべきではなかったという意味であろう。

松本氏もまた『やはり野に置け蓮華草』だったのかもしれない。

それにしても部落解放同盟は「天皇制反対」のスローガンは下ろすべきだ。一君万民の日本國體を明らかにしてこそ。差別はなくなるのである。

|

« 千駄木庵日乗七月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月六日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52132634

この記事へのトラックバック一覧です: 松本龍氏の辞任について:

« 千駄木庵日乗七月五日 | トップページ | 千駄木庵日乗七月六日 »