« 千駄木庵日乗六月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十二日 »

2011年6月12日 (日)

国家的民族的一大変革は国難打開と一体である

「国難」という言葉が良く使われる。何と戦時中に使われた「挙国一致」という言葉もよく使われる。真正保守運動・民族運動を行っている人々は良く使う言葉だが、東日本大震災の後は、左翼偏向マスコミですら使っている。国家を否定し、国家を呪い、国家を貶めている左翼や偏向マスコミにこの言葉は使う資格はない。

わが国の歴史は、国難と戦い、国難を克服してきた歴史であると言っても過言ではない。もちろん、平安時代や江戸時代、そして戦後の五十年間くらいは「平和な時代」が続いた。しかし、わが國国史上、飛鳥時代の新羅・唐連合軍侵攻の危機、壬申の乱、元寇、南北朝の争乱、応仁の乱とその後の戦国時代、江戸末期の西欧列強侵略の危機、大東亜戦争の敗北という大国難が続いた。日本民族はそうした大国難を力強くそして巧みに乗り切ってきた。

東日本大震災は確かに国難である。さらにわが國は今、共産支那・北朝鮮による外患の危機に直面している。こうした危機を乗り切るために指導力を発揮すべき政治家がいない。このことも国難である。

国難打開の原理・日本的変革の原理は何か。それは尊皇攘夷の思想であり、神国思想である。明治維新・大化改新・建武中興はこの原理によって断行された。この度の国難も同じ原理によって乗り越えることができると確信する。国家的民族的一大変革は、国難打開と一体であった。大化の改新・建武の中興・明治維新はその典型である。

|

« 千駄木庵日乗六月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51919339

この記事へのトラックバック一覧です: 国家的民族的一大変革は国難打開と一体である:

« 千駄木庵日乗六月十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月十二日 »