« 千駄木庵日乗六月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十四日 »

2011年6月24日 (金)

今年は大東亜戦争開戦七十年である

今年は、大東亜戦争開戦七十年である。

昭和十六年十二月八日、影山正治氏は、

「いざ行きて今こそ撃てと待ち待ちし神のみことは天降りたり」

「そ根芽つなぎ撃ちてし止まむ皇軍(みいくさ)の起ちのきほひはさやかなるかも」と歌った。

保田與重郎氏は、

「対米宣戦の大詔を拝し、皇國の向ふところ、必ず神威発するあるを確信した。…神命は常に國際謀略を霧消せしめ、万民草莽の苦衷は必ず大御心のしらしめすところ、まことに神州たる所以、神州不滅の原理を感銘し、感動し、遂に慟哭したのである」とその日記に記した。

中河幹子氏(中河與一氏夫人)

「戦へば勝つ皇軍やいにしへゆしか思へども涙あふるる」

と歌った。

また、中村武彦氏は、戦争直後獄中で「今こそ撃てと詔(みことのり)/承けて起ちたる暁の/あの一億の感激を/敗けたからとて忘られよか/そうだ敗けても国護る/大和魂われにあり」と歌った。

 祖國日本が近代において、欧米列強の侵略支配に抗して祖國の独立を維持し続けただけでなく、アジア解放に努力した歴史に対して、日本國民が誇りを持ち、先人たちに感謝し慰霊すべきなのである。しかるに、今日の日本の圧倒的に多くの國民が、國内外の反日勢力の洗脳・宣伝によって、東京裁判史観・大東亜戦争侵略戦争論に汚染され、祖國への誇りと自信を喪失している。そして、日本近代史を「近隣諸國への侵略の歴史であった」として罪の意識のみを持ち先人を冒する風潮が横溢している。こうしたことは一刻も早く是正されねばならない。

 我々日本國民が日本近代史をどうとらえるかが、今日の日本人の精神構造やその國家観に大きな影響を与え、現実の政治・外交・教育など全てにわたることを規定する。

 近代日本が弱肉強食の世界で生き抜き、西欧列強の侵略に抗して独立を維持していくために、「富國強兵」「殖産興業」の合い言葉のもと近代國家建設を行ったことは、わが日本民族が誇りにすべき事実である。また、明治維新以後の日本の海外進出そしてその到達天としての大東亜戦争が、日本の一方的な侵略であったという歴史観は全く誤りである。 近代日本史および大東亜戦争の正しき意義を認識し、國内外の亡國勢力・反日勢力を一掃することが、國家民族の緊急の課題である。

|

« 千駄木庵日乗六月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/52026683

この記事へのトラックバック一覧です: 今年は大東亜戦争開戦七十年である:

« 千駄木庵日乗六月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月二十四日 »