« 福島伸享衆院議員の講演 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三日 »

2011年6月 3日 (金)

茶番劇鑑賞記

可決したらいいと思っていたが、そうはならなかった。ただの茶番劇だった。結局、鳩山は菅と岡田に騙されたのだ。

鳩山は菅よりバカだった。騙された人をあまり悪く言うのも気の毒だが、鳩山は以前「私は愚かな総理かもしれない」と言っていた。「かもしれない」ではなく愚かなのである。

本会議場の後ろの方に並んでいた自民党のベテラン議員にも、日本を任せたいという人は全く見当たらない。森喜朗とか古賀誠あたりは自分の影響力を維持するために小沢一郎と手を組みたかったんだろうと推測する。

維新を叫んでいた佐賀県選出の原口とかいう議員の変節ぶりはあまりにもひどい。この人は、故末次一郎氏の門下だそうだが、末次氏もあの世で嘆いておられるであろう。

要するに今の政治そのものが茶番劇なのである。しかしそんなことより、この国難にこの人なら総理になってもらいたいという人がいないことが最大の問題である。そのことが真の国難であろう。

|

« 福島伸享衆院議員の講演 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51839520

この記事へのトラックバック一覧です: 茶番劇鑑賞記:

« 福島伸享衆院議員の講演 | トップページ | 千駄木庵日乗六月三日 »