« この頃詠みし歌 | トップページ | 「国旗国歌訴訟」最高裁判決への『朝日新聞』の暴論 »

2011年6月 6日 (月)

千駄木庵日乗六月五日

午前は、母のお世話。

午後二時より、九段の靖国神社境内の靖国会館にて、『郡順史先生を囲む会」開催。桑木野義郎氏が司会。発起人の竹内信幸氏が挨拶。塩原輝昭一の宮巡拝会副代表・森田忠明氏などが祝辞を述べた。

小生は祝辞と共に長編歌謡浪曲「元禄名槍譜・俵星玄蕃」を熱唱した。また、森田忠明氏より「元二の安西に使いするを送る」(王維)、青木孝氏より「星落秋風五丈原」(土井晩翠)、桑木野義郎氏より「蒙古放浪歌」、藤本隆之氏より「昭和維新青年日本の歌」(三上卓)が披露された。

この会は、郡先生が「全国一の宮講元祖・信念の神道家・橘三喜」を上梓されたことを祝して開かれた。

この後、病院に赴き、父に付き添う。

帰宅後は、「政治文化情報」の原稿執筆。

郡順史先生を囲む会風景

110605_140201

110605_142101

110605_153901

|

« この頃詠みし歌 | トップページ | 「国旗国歌訴訟」最高裁判決への『朝日新聞』の暴論 »