« 千駄木庵日乗六月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月五日 »

2011年6月 5日 (日)

この頃詠みし歌

戦後復興経済成長の道を歩み来し祖国に迫りし大き国難

わが心鎮まりにけり菩提寺の先祖の墓に真向かひ立てば

洗ひ清めし墓石の下にわれもまた何時かは永久の眠りにつかむ

蛸を食し美味し美味しとつぶやきて夜を過ごせば楽しかりけり

歩み来て古き茶房に入りにけり夕暮れ時の安らぎを得むと

家に帰りさてこれからが一仕事少しの酒に酔ひしながらに

時々に声あげて一人笑ひする 空しき思ひを打ち捨てむとて

水を入れたる灰皿を机の上に置き今日初めての煙草を吸はむ

相槌を打ちつつ相手の話聞く 同感することは少なくありとも

日は長く夜は短かし 雨降ればなほぞせかるるわが思ひかな

母校へと電話をすれば恙無くわが旧友は働きてをり

恥知らずが宰相をつとめるこの國はいよよますます危うかりけり

風に乗り政権取りし民主党 今断末魔の苦しみに喘ぐ

|

« 千駄木庵日乗六月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51856530

この記事へのトラックバック一覧です: この頃詠みし歌:

« 千駄木庵日乗六月四日 | トップページ | 千駄木庵日乗六月五日 »