« 千駄木庵日乗五月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十五日 »

2011年5月25日 (水)

北朝鮮に融和政策は通じない

今日の「一水会フォーラム」で、数人の出席者から「北朝鮮に経済制裁を加えても拉致問題は解決しない。もっと違う方法があるのでは」という意見が出された。私はこの意見には大反対である。

「共産支那に対して日本が経済援助をすれば、支那の自由化・民主化が進む」ということで、日本は散々経済援助をしてきたが、全く逆の結果になっている。支那の一党独裁体制・民衆への抑圧が緩むことはなかった。支那は、日本の経済援助・技術援助で経済発展を遂げたことに感謝するどころか、反日姿勢を強め、わが国に対して軍事的抑圧を加えて来ている。

北朝鮮も同じである。金大中・ノムヒョンという韓国左翼政権の北朝鮮への融和政策=「太陽政策」によって、北が民主化したか、独裁体制が崩壊したか。否である。むしろ核実験を行い、武力攻撃を仕掛けてきた

日本が北朝鮮に融和政策をとり経済援助をしても、北朝鮮という国がまともな国になるはずがない。日本は北朝鮮に対して、もっともっと毅然とした姿勢でのぞむべきである。日米合同で、金正日政権打倒を目指すべきである。

|

« 千駄木庵日乗五月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51762229

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮に融和政策は通じない:

« 千駄木庵日乗五月二十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗五月二十五日 »