« 「論語の会」における野村英登氏の講義 | トップページ | 国学運動について »

2011年5月11日 (水)

千駄木庵日乗五月十日

午前は、母のお世話。

午後は、「政治文化情報」の原稿執筆。

午後六時半より、春日の文京区民センターにて、「國體政治研究会」開催。小生が司会。高池勝彦氏が挨拶。中村信一郎氏が事務報告。荒谷卓氏(明治神宮武道場至誠館館長・元一等陸佐)が「大日本は神国、そして武国なり」と題して講演。質疑応答。終了後、懇親会。講義の内容については後日報告します。

帰宅後は、明日の「萬葉古代史研究会」における講義の準備。

|

« 「論語の会」における野村英登氏の講義 | トップページ | 国学運動について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51638457

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗五月十日:

« 「論語の会」における野村英登氏の講義 | トップページ | 国学運動について »