« 千駄木庵日乗四月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十七日 »

2011年4月27日 (水)

菅を辞めさせた後、誰が総理になるのか。

今日は同志の方たちと色々話し合ったが、菅直人を引きずり下ろすのは良いが、では一体誰が次の総理になるのか。小沢か、鳩山由紀夫か、前原か。それとも、谷垣か、石破か、石原伸晃か、小池百合子か。あるいは亀井か。ただし小沢だけはご免蒙りたい。

菅直人が意外に強気なのはその事が分かっているからだろう。しかし、不信任案が問責決議が可決されれば、解散か総辞職しかないだろう。

民主党内反小沢勢力がどのくらいの数になるかが焦点だ。そして、その人たちが、自民党・公明党と組んで、谷垣を擁立するのか。だが自公が小沢一郎と手を組むことはないと思う。第一、そんなことは許されない。小沢は菅よりも自民党に憎まれている。

誰が総理大臣になれば、この国難を乗り切ることができるかを、第一に考えなければならない。そういう政治家が見当たらないことも、国難なのである。

しかし、私は、平沼赳夫・安倍晋三両氏に期待したいのである。ただし、総理は激務だ。ましてこの時期は本当に大変である。健康は大丈夫なのかが問題なのである。

|

« 千駄木庵日乗四月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51504092

この記事へのトラックバック一覧です: 菅を辞めさせた後、誰が総理になるのか。:

« 千駄木庵日乗四月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月二十七日 »