« 国難と神国思想 | トップページ | 菅を辞めさせた後、誰が総理になるのか。 »

2011年4月27日 (水)

千駄木庵日乗四月二十六日

午前は、母のお世話。ケアマネージャーの方が来宅。母の来月の介護計画について話し合う。「ケアマネージャー」だとか「ホームヘルパー」だとか何故英語が使われるのだろうか。おかしな話である。

午後は、西荻窪のたちばな出版に赴き、編集実務担当者の方と現在編集中の『伝統と革新』の編集打ち合わせ。続いて午後四時より、第五号の編集会議。終了後、出席者と懇談。談論風発。

帰宅後は、原稿執筆。ある新聞より依頼された「野依秀市論」を書いています。

|

« 国難と神国思想 | トップページ | 菅を辞めさせた後、誰が総理になるのか。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51503910

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月二十六日:

« 国難と神国思想 | トップページ | 菅を辞めさせた後、誰が総理になるのか。 »