« 国難と日本民族の自然信仰 | トップページ | 永井荷風の文明批評 »

2011年4月14日 (木)

千駄木庵日乗四月十三日

午前は、母のお世話。

午後は、原稿執筆。

この後、病院に赴き、父に付き添う。意識があり少し話すことが出来たのがうれしい。

午後六時半より、豊島区立駒込地域文化創造館にて、「萬葉古代史研究会」開催。額田王の御歌を講義。染井吉野発祥の地である。会場近くの桜は、葉桜になっていた。

地元に戻り、ある落語家の方と懇談。落語家になって二十五年になるが、まだ若手と言われている。谷中千駄木根津には落語家が多く住んでいたし、今も住んでいる。今住んでいる方で代表的な方は立川談志さん。小生の子供のころは、志ん生さん、柳亭痴楽さん、三遊小圓朝さんなどが住んでいた。志ん朝さんは、小生の小中学校の先輩。私は、学生時代上野鈴本に通った。

帰宅後も、原稿執筆。

|

« 国難と日本民族の自然信仰 | トップページ | 永井荷風の文明批評 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51382213

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗四月十三日:

« 国難と日本民族の自然信仰 | トップページ | 永井荷風の文明批評 »