« 千駄木庵日乗四月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十五日 »

2011年4月15日 (金)

国難と言霊の復活

日本人の魂は、今、よすがなく彷徨っているやうに思へる。さまよへる魂を鎮め、鎮魂し、再生させるために、やまとことば・言霊の復活が大切である。それは、言霊が籠り、天地(あめつち)を動かし目に見えぬ鬼神(おにがみ)をもあはれと思はせるやまとうたの復活である。今日において、まさに、「国風文化」が復興しなければならない。

大化改新といふ大変革・壬申の乱といふ大動乱の時に『萬葉集』が生まれ、平安中期の国風文化勃興の時に『古今和歌集』が生まれたやにう、畏れ多いが、国難に晒されてゐる今日においても、偉大なる「勅撰和歌集」が撰進されるべきであると信ずる。それが言霊の復活であり、世の乱れを正す大いなる方途である。

日本天皇を「すめらみこと」と申し上げる。「すめらみこと」とは、天つ神の「みことのり」「神勅」を地上において実現される最高に尊いお方といふ意味である。日本の「言葉」で最も大切な言葉は、天皇の「みことのり」(詔勅)である。「詔を承りては、必ず謹む」精神即ち「承詔必謹」が日本国民の最高絶対の道義精神であり、国家永遠の隆昌の基本である。

日本国民が、絶対的に有り難く承るべき言葉は、天皇のご詔勅である。また、おのづからに心にしみ入る言葉は、天皇の大御歌である。

|

« 千駄木庵日乗四月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51390828

この記事へのトラックバック一覧です: 国難と言霊の復活:

« 千駄木庵日乗四月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗四月十五日 »