« 千駄木庵日乗三月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十七日 »

2011年3月27日 (日)

先輩から聞いた話・私が思ったこと

今日、電話でお話しした宇都宮在住の大先輩の方曰く。

「地震当日は、東京にいた。JRが動かなくなり、午後五時半頃、JR上野駅にいたら、何と駅側から『構内から出て行ってくれ』と言われた。仕方がないので、地下鉄銀座線上野駅構内の地下道で一夜を過ごした。地下鉄の駅は親切でトイレや階段を使って良いと言われた。私は、ボーイスカウトの指導をしているので、サバイバルには慣れている。周囲の人たちのお世話をすることができた。翌日、電車が動き出したので、午後二時十分に上野駅を発車し、宇都宮に着いたのは午後八時十分だった。

核家族となり大家族で家族が協力し合うことが少なくなってしまったこと、両親を敬う心・先祖を尊ぶ気風・皇室を尊敬する心が薄れてきたことを、今回の地震で反省すべきである。

『想定の範囲内』とか『想定以上だった』とかいう言葉を聞くが、そういう言葉に疑問を持つ。大自然の威力を事前に人間が想定できるはずがなかったのだ。もっと自然に対して謙虚でなければならない。」

私は、今日次のようなことを考えた。

「自然の凄さを今回つくづく思い知った。日本人は、麗しい自然に恵まれているからこそ、自然を甘く見たり、バカにしたりすることなく、自然に対して畏敬の念を持つべきである。

また、電力節減について思うのだが、テレビ放送はどうなのだろうか。テレビ局の使う電力量は相当なものだろう。必要最小限の放送にとどめるというのは間違った考え方であろうか。NHKだけ毎日放送して、民間放送は一局が一日づつ交替で放送してはどうか。民間放送はコマーシャル料で成り立っているから、なかなかこういうことは難しいのだろうが、少なくとも、くだらない娯楽番組は、この際、放送を停止すべきである。節電はテレビも含まれることは確かである。」

|

« 千駄木庵日乗三月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51225473

この記事へのトラックバック一覧です: 先輩から聞いた話・私が思ったこと:

« 千駄木庵日乗三月二十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月二十七日 »