« 千駄木庵日乗三月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十七日 »

2011年3月17日 (木)

菅総理の原発事故現場視察について

前衆院議員の深谷隆司氏が、「ホームページ」に次のようなことを書いておられた。

             ○

「地震が発生した翌日、十二日朝だが、菅首相はヘリコプターに乗り込んで福島原子力発電所を訪れた。如何にも現場に飛んで首相自ら指揮を執るといった図だが、一体何か具体的成果があったというのか。
 

なんにも知らない素人が急に行っても役に立つはずもない。

 首相たるもの、まずは官邸にどっしりと腰を据え、担当者から詳細報告を受けて、大所高所から正しい判断を下すべきなのだ。全容を把握し、適切な決断をするのが大将の本来の役目なのだ。現場に飛んで調査をしたいのなら、それは普段済ませておくべき事柄なのだ。

現場で一時間視察していたというが、丁度その時期が、すでに放射性物質の一部を放出しなければならない緊急事態に陥っていた時であった。首相がヘリコプターから降り立った為、現場担当者も首相対応に追われてしまった。こうした遅れが後の爆発の引き金になったと本気で怒っている関係者もいるという。

十四日の枝野官房長官の記者会見で「菅首相は更に被災地に行きたいと考えていたが、現地と調整した結果、無理であった」と正直に話していた。何のことはない、迷惑ですと断られたのだ。

 みっともない話ではないか。」

           ○

サンケイ十二日号は次のように報道した。

「12日朝、首相は原発視察に先立ち、記者団に「現地で責任者ときっちりと話をして、状況を把握したい。必要な判断は場合によっては現地で行うかもしれない」と意気込みを語った。

 

政府関係者によると視察は首相が突然言いだした。枝野氏も12日未明の会見で『陣頭指揮を執らねばならないという強い思いが首相にあった』と説明した。

 しかし、現場はすでに放射性物質の一部放出をしなければならない事態に陥っていた。そこに首相がヘリコプターから降り立ったため、現場担当者も首相の対応に追われた。」

             ○

これが事実とすれば、菅総理の責任は重大である。事故現場に総理大臣が行ったところで、何の問題の解決にはならない。火事現場に消防総監が行っても、消火活動が迅速かつ効果的に行われるわけではないのと同じだ。こんなことを書くのも風評に当たるのだろうか。

|

« 千駄木庵日乗三月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十七日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅総理の原発事故現場視察について:

« 千駄木庵日乗三月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗三月十七日 »