« 昭和天皇の御製を拝誦し奉りて | トップページ | この頃詠みし歌 »

2011年3月25日 (金)

千駄木庵日乗三月二十四日

午前は、母のお世話。

午後は、「政治文化情報」発送準備。

この後、病院に赴き、父に付き添う。医師と看護師に色々と話をうかがう。このところ、病院のある地域は停電がないので助かる。交通機関も動いている。

帰途、上野に出たが、節電で街がいつもよりも暗い。行きつけの飲食店も、客が大幅に減少し嘆いていた。電力供給が減っているので、消費活動も生産活動も停滞している。吉池は何時も通りの賑わいのようであった。

帰宅後は、室内整理。

               

                 ◎

古くからの友人の常陸大宮市長・三次真一郎氏にお見舞いを電話をしたら、三次市長は「原発から百キロ離れているのに、出荷した野菜が全部返品されてくる。受け取ってくれない。風評被害がひどい。東京の人は、茨城の野菜を率先して買ってもらいたい。大手の納豆工場は操業を停止していたが、昨日あたりから再開した」と語った。

                

|

« 昭和天皇の御製を拝誦し奉りて | トップページ | この頃詠みし歌 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/51209320

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗三月二十四日:

« 昭和天皇の御製を拝誦し奉りて | トップページ | この頃詠みし歌 »