« 野党は、中井洽・安住淳両氏の辞職を要求すべきだ | トップページ | 『日本の心を学ぶ会』における瀬戸弘幸氏の話について »

2011年2月 1日 (火)

千駄木庵日乗一月三十一日

午前は、母のお世話。

午後からは、在宅して、明日の「國體政治研究会」における講演の準備。「神聖君主日本天皇と政治~祭政一致の現代的意義~」という大変なテーマを与えられた。

|

« 野党は、中井洽・安住淳両氏の辞職を要求すべきだ | トップページ | 『日本の心を学ぶ会』における瀬戸弘幸氏の話について »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗一月三十一日:

« 野党は、中井洽・安住淳両氏の辞職を要求すべきだ | トップページ | 『日本の心を学ぶ会』における瀬戸弘幸氏の話について »