« 千駄木庵日乗二月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十四日 »

2011年2月24日 (木)

石原慎太郎氏の動向について

石原慎太郎氏が、国政に復帰するという報道がある。高齢化社会になるのだから、高齢の政治家かどんどん活躍すべきである。議員の定年制などというのはおかしい。これからこそ、老人パワーが炸裂すべきである。

石原慎太郎氏には、國體観・皇室観・三島由紀夫論・昭和殉難者靖国神社合祀などで、問題があることは確かだが、近二十年間、ころころ変わったどの総理大臣よりもましである。一回は総理になってほしかった。国政に復帰するのは良いことだと思う。何しろ今の政治家にはろくなのがいないのだから…。平沼赳夫氏と提携して日本を良い方向に引っ張って行ってもらいたい。

ところが、亀井静香・小沢一郎とも手を組むなどという噂がある。亀井氏はともかく、小沢と手を組むなどということはあり得ないと思う。否、あってはならないことだ。石原氏が小沢一郎の延命に手を貸すなどということがあったとしたらまさに悪夢である。

今日の会合で、自民党には、女性議員にしっかりとした人がいるという話を聞いた。山谷・稲田・小池の三氏などであるという。そうかもしれない。この三人は國體・国防・憲法・教育・領土などで、まともな姿勢を貫いている。

|

« 千駄木庵日乗二月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十四日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50954103

この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎氏の動向について:

« 千駄木庵日乗二月二十三日 | トップページ | 千駄木庵日乗二月二十四日 »