« 瀬戸際の民主党及び相撲協会について | トップページ | 「今即神代」「高天原を地上へ」の信仰精神 »

2011年2月 9日 (水)

千駄木庵日乗二月八日

午前は、母のお世話。

午後は、明日の「万葉古代史研究会」のおける講義の準備。

この後、病院に赴き父に付き添う。少し熱がある。高齢なので微熱でも心配である。しかし、私が額などに手をあてて祈ると、熱も下がり顔色も良くなった。有難い。やはり病院にはできるだけ毎日行かねばならない。

この後、谷中三崎坂の飲食店にて地元の知人夫妻と懇談。先祖供養の大切さについて語り合う。

帰宅後も、明日の講義の準備そして原稿執筆。

|

« 瀬戸際の民主党及び相撲協会について | トップページ | 「今即神代」「高天原を地上へ」の信仰精神 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50816879

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗二月八日:

« 瀬戸際の民主党及び相撲協会について | トップページ | 「今即神代」「高天原を地上へ」の信仰精神 »