« 千駄木庵日乗一月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十九日 »

2011年1月19日 (水)

政治家の質の低下について

多くの人が批判しているからあらためて書くこともないかもしれないが、今回の与謝野氏の入閣はやはりおかしい。入閣する方もする方だか、入閣させた菅総理もおかしい。政治家というのは一体どういう神経をしているのか。昨日までの仇敵の政党が組織する内閣に平然と入閣する。その心根がわからない。与謝野氏は、鳩山氏を「平成の脱税王」とまで言って糾弾した。その鳩山氏は民主党を離党したわけではない。また、与謝野氏の本を読んでいないからよく知らないが、民主党の政策を散々こきおろしていた。日本を滅ぼすようなことまで言っていた。その民主党内閣に入閣するというのだから、あきれてしまう。よほど大臣になりたいのだと言うほかはない。自分の政策を実現したいという気持ちもあるのだろうが…。

「昨日の敵は今日の友」という言葉があるが、変節を讃えた言葉ではない。敵として戦った相手でも、戦いが終われば、友として助け合うというほどの意味であろう。与謝野氏の場合は明らかに変節である。

政治家の質の低下は本当に憂えるべきものがある。そうした中で、西岡武夫参院議長が、自ら私の家に電話をかけてきて、小生と木村三浩氏が出した「要望書」への回答を行ったのは、誠意ある態度であると思った。横路衆院議長からの回答はまだない。

天皇・皇后両陛下のご臨席を仰ぎ行われる国会開会式などの式典は、玉座のある参議院本会議場で行われる。ところが、衆参両院議員全員が参列すると席数が足りないという。だから出欠はとれないとのことであった。しかし、国会にはたくさんの委員会室や会議室がある。そこにテレビ中継してもいいと思う。やはり、日本国の君主であらせられる天皇陛下がご臨席になるのであるから、衆参両院の全議員が参列するべきである。参列者が半数というのは余りにもひどい。

|

« 千駄木庵日乗一月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十九日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50625444

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の質の低下について:

« 千駄木庵日乗一月十八日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十九日 »