« 千駄木庵日乗一月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月三日 »

2011年1月 3日 (月)

権力者・権力機構の皇室軽視・国旗冒瀆を許すな

最近頂いた読者の方からのお手紙に次のようなことが書かれていた。

「中井代議士の不敬事件に憤激して積極的な行動に出て居られる様ですが、小生は、『遂に来たか』の感想を先づ持ちました。そして單に中井議員個人の言動よりも、両陛下のお出ましに対して、議員全体の半ばが欠席して居ると云ふ状態の方に注目して居ます。総員結集して奉迎申し上げる可き處ではないか。」

その通りである。衆参両院は、昨年十一月二十九日に、天皇皇后両陛下のご臨席を仰ぎ参議院本會議場で行われた「議會開設百二十年記念式典」に欠席した議員の名前を公表するべきと考える。我々国民には、そのことを知る権利がある。同志と共に、衆参両院議長あるいは事務総長に対して、公表を要求したいと思っている。

『現行占領憲法』に「国権の最高機関」などと規定されている機関を構成する権力者たる衆参両院議員の「皇室軽視」、及び皇都の治安を守る権力機関たる警視庁の「暦」及び「暴走族取締り訓練」における「国旗冒瀆」の問題は、看過できない。

日本国の君主であらせられる天皇陛下対するかしこみの心そして日本国の国旗に対するに対する畏敬の念のない権力者及び権力機構は、慎みのない横暴な権力行使をする。事実、最近そういう事象が頻発している。

天皇を君主と仰ぐ道義国家日本の真姿開顕のための重要な戦いである。

|

« 千駄木庵日乗一月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50475556

この記事へのトラックバック一覧です: 権力者・権力機構の皇室軽視・国旗冒瀆を許すな:

« 千駄木庵日乗一月二日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月三日 »