« 岡田克也民主党幹事長の「国歌君が代」論について | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十五日 »

2011年1月25日 (火)

政権政党・政治家による悪質なる公権力利用

北沢俊美防衛相直轄の防諜部隊「自衛隊情報保全隊」が陸上自衛隊OBの佐藤正久参院議員や田母神俊雄元航空幕僚長の講演に潜入し、現職自衛官の参加状況を監視していたという。由々しき問題である。先日の田母神氏宅窃盗事件もそいつらの仕業ではないかと勘繰りたくなる。

保全隊は外国情報機関によるスパイ活動などから自衛隊の保有情報を防護するのが主任務である。本来すべき仕事と違う仕事をしているのである。これは違法行為である。

自衛隊の調査機関のみならず、警察の警備公安部門も公安調査庁も、時の政権政党・政治家のために公権力を行使し国民の税金を使って、やるべき出来ない調査活動・しなくてもいい調査活動をしているのではないか。

読売新聞のドンといわれる人物を批判していた民族運動団体の責任者が、本来なら逮捕されるようなことではないのに、立件され、逮捕されたといわれている。これは当時の警視総監(故人)の命令によるという。読売新聞の「ドン」とその盟友といわれる元総理(元警察官僚)の力が背後にあったとされる。

|

« 岡田克也民主党幹事長の「国歌君が代」論について | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十五日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権政党・政治家による悪質なる公権力利用:

« 岡田克也民主党幹事長の「国歌君が代」論について | トップページ | 千駄木庵日乗一月二十五日 »