« 千駄木庵日乗一月三日 | トップページ | 韓国との安保協力について »

2011年1月 4日 (火)

道灌山について

私宅のすぐ近くに都バスの道灌山下という停留所がある。道灌山下という地名は、その昔太田道灌のつくった物見櫓のあった高台がのちに道灌山と名付けられ、その下に当たる場所だからということだ。しかし、道灌山下というバス停留所は西日暮里駅のすぐ近くの道灌山とは少し離れている。「山下」というのには少し無理がある。

道灌山の上は見晴らしがよく、外敵の侵攻を察知するには適していたことは確かである。ただし、その高台は、上野山から飛鳥山まで続いている台地の一部なので、何処から何処までが道灌山かははっきりしない。日暮里駅前の本行寺という日蓮宗のお寺には、小林一茶の「陽炎(かげろう)や道潅どのの物見塚」という句碑がある。一茶がこのお寺を訪れて詠んだという。「刀禰の帆が寝ても見ゆるぞ青田原」という句も詠んだといわれているが、これは流山で呼んだらしい。いくら高層の建物がなかった江戸時代とはいえ、どう考えても、道灌山から利根川は見えなかったと思う。

ところが、戦国時代・後北条氏時代にこの地に居住した土豪・関道閑という者の名が道灌にすり替わったという説もあり、地名の起源というのはなかなか難しい。しかし、本行寺には、太田道灌の子孫の方々のお墓もあり、この高台が太田道灌のゆかりの地であったことは確かと思う。

道灌山の上は、今は公園になっている。そこからは、荒川区一帯が見渡せる。春には桜の花が咲き、隣にある諏訪神社と共に地域住民に憩いの地になっている。また、この公園を住み家としている方(最近はホームレスというそうだが)もおられ、天気の良い日にはその方たちが麻雀等を楽しむ姿を見ることができる。まことにのどかである。

谷中・根津・千駄木・日暮里というところは、名所旧跡と言われる所が多い。江戸期から明治大正昭和の歴史が刻まれている。

|

« 千駄木庵日乗一月三日 | トップページ | 韓国との安保協力について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50486473

この記事へのトラックバック一覧です: 道灌山について:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/01/04 09:00) [ケノーベル エージェント]
荒川区エージェント:あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。ご訪問をお待ちしています。... [続きを読む]

受信: 2011年1月 4日 (火) 09時00分

« 千駄木庵日乗一月三日 | トップページ | 韓国との安保協力について »