« 千駄木庵日乗一月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »

2011年1月17日 (月)

池田大作・小沢一郎両氏について

日本という国は、長い間池田大作氏と小沢一郎氏の二人に引きずりまわされていたと言うと少し大袈裟かもしれないが、この二人の影響力というのは大きなものであった。私は、長い間この二人を批判し続けてきた。これは正しかったと信じている。池田氏は高齢化のためか、最近は、表面に出て来なくなっている。小沢氏は、政治資金問題などで現在窮地に立たされている。

ある大先輩から、「人間所詮好きか嫌いかだ」という言葉を聞かされたことがある。私は、池田・小沢の二人が嫌いである。大嫌いである。

池田大作氏が創価学会会長に就任した直後の演説で「西の天理教、東の立正佼成会に猛然と襲いかかっていきたい」と叫んだことを当時の『聖教新聞』で読んで、こんな人物・こんな宗教が巨大化していくことに大きな不安を覚えた。それ以来、池田氏に対して批判的になった。以後、池田氏は、他の宗教団体のみならず、身内と言って良い日蓮正宗に対しても、悪辣な手段を用いて攻撃迫害を行い、さらには、自分の意向に反した幹部たちにも筆舌に尽くし難い迫害を行った。

小沢一郎氏に対しては、鈴木都知事引き摺り下しのやり方、そして総裁候補だった宮沢喜一氏を事務所に呼びつけて面接したのを見て、年齢も政治経歴も大先輩に対してひどい仕打ちをするものだと思った。こんな男が政治権力を握ることに不安を覚えた。また、自分がコンチクショーと言われるまでに、政財官の癒着政治の中枢にいたくせに、旧田中派・経世會を牛耳れなくなった途端、「政治改革」などときれいごとを言って自民党を飛び出したことに大きな不信感を抱いた。許すべからざる男だと思った。

池田・小沢両氏に対する私の不安は的中し、この二人は、排他的・独善的な手法で、権力を握り、好き勝手なことをしてきた。その結果、日本が良くなったのならいい。しかし決してそうはならなかった。池田・小沢の両名は、日本をおかしな方向に引っ張ってきた。私の今日の日本の劣化は、この二人の責任が大きいと思っている。

池田・小沢両氏に共通するのは、憎悪の深さ、怨念のすさまじさ、排他独善性、目的のためには手段を選ばぬ悪辣さである。自分に批判的な人を排除し、迫害する。また自分に批判的ではなく、むしろ尽くしてくれた人も平気で使い捨てる。そういう人間性も共通している。

ともかく、この二人の影響力がなくなることによって日本が良くなると信じている。

|

« 千駄木庵日乗一月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50608285

この記事へのトラックバック一覧です: 池田大作・小沢一郎両氏について:

« 千駄木庵日乗一月十六日 | トップページ | 千駄木庵日乗一月十七日 »