« 与謝野馨はおかしな人物だ | トップページ | 検察・警察に対する国民の信頼の喪失は国を崩壊させる »

2010年12月28日 (火)

千駄木庵日乗十二月二十七日

午前は、母のお世話。同志と来月の「日本の心を学ぶ会」について電話で打ち合わせ。

午後は、諸雑務。

この後、病院に赴き、父に付き添う。やや意識がはっきりしていて、母のことなどを話す。会いたがっている。母も九十一歳なので、とても病院に連れて来ることはできない。悲しい。胸が痛む。

谷中三崎坂の飲食店で、小学校の先輩と二人で懇談。上野山・谷中・根津・千駄木が戦場になった彰義隊のことなどが話題になった。この方の妹は私の初恋の人であるが、一昨年他界された。

帰宅後は、古賀俊昭都議会議員と電話で懇談。警視庁機動隊訓練における国旗冒瀆の件など。

そして資料の整理。整理しても整理してもたまってしまう。

|

« 与謝野馨はおかしな人物だ | トップページ | 検察・警察に対する国民の信頼の喪失は国を崩壊させる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50418727

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十七日:

« 与謝野馨はおかしな人物だ | トップページ | 検察・警察に対する国民の信頼の喪失は国を崩壊させる »