« 国会が中井洽を懲罰できないなら国民が懲罰するしかない | トップページ | 國體護持と「学問・言論の自由」 »

2010年12月 5日 (日)

千駄木庵日乗十二月四日

午前は、母のお世話。

午後は、質問状執筆など。

この後、病院に赴き、父に付き添う。

午後六時より、神田学士会館にて『憲法懇話会』開催。高乗正臣平成国際大学教授が座長。慶野義雄平成国際大学教授が「京大事件の立命館大学」、竹内雄一郎高崎経済大学教授が「憲法論に見る国家と国民」と題して研究発表。質疑応答。

帰宅後は、原稿執筆。

|

« 国会が中井洽を懲罰できないなら国民が懲罰するしかない | トップページ | 國體護持と「学問・言論の自由」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50212471

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月四日:

« 国会が中井洽を懲罰できないなら国民が懲罰するしかない | トップページ | 國體護持と「学問・言論の自由」 »