« 天皇・皇室の尊厳性を侵害する者を糾弾する理由 | トップページ | 政治家・官僚に不祥事が相次ぐ根本的原因 »

2010年12月 9日 (木)

千駄木庵日乗十二月八日

朝は、母のお世話。

午前十時より、靖国神社本殿にて、『大詔奉戴六十九年祭』執行。国歌斉唱・祝詞奏上・大詔奉読(森田忠明実行委員長)・奉答歌奉唱・玉串奉奠などが行われた。この後、奉納演武が能楽堂にて行われた。

午後十一時四十五分より、靖国会館にて、「記念講演会」が行われた。小生が挨拶を行ない、土屋たかゆき拓殖大学客員教授・都議会議員が「大東亜戦争の意義」と題して記念講演を行った。つづいて直会が催され、出席者が意見発表を行った。

いったん帰宅。

病院に赴き、父に付き添う。

午後六時半より、駒込地域文化創造館にて、『萬葉古代史研究会』開催。小生が、舒明天皇の御製を講義。

大変忙しくも有意義なる一日であった。

|

« 天皇・皇室の尊厳性を侵害する者を糾弾する理由 | トップページ | 政治家・官僚に不祥事が相次ぐ根本的原因 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50249968

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月八日:

« 天皇・皇室の尊厳性を侵害する者を糾弾する理由 | トップページ | 政治家・官僚に不祥事が相次ぐ根本的原因 »