« 小沢一郎は菅と岡田を甘く見ていた | トップページ | 正しき者が罰せられ邪悪なる者が罰せられない今の日本 »

2010年12月22日 (水)

千駄木庵日乗十二月二十二日

午前は、母のお世話。介護の方と共なり。

午後は、諸雑務。

その後、『伝統と革新』編集実務担当者の方と表紙のデザインのことなどを打ち合わせ。

夕刻、病院に赴き父に付き添う。よく眠っている。

帰宅後は、明日の「日本の心を学会」における講演の準備など。

|

« 小沢一郎は菅と岡田を甘く見ていた | トップページ | 正しき者が罰せられ邪悪なる者が罰せられない今の日本 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50372157

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十二日:

« 小沢一郎は菅と岡田を甘く見ていた | トップページ | 正しき者が罰せられ邪悪なる者が罰せられない今の日本 »