« 千駄木庵日乗十二月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二日 »

2010年12月 2日 (木)

民主党逆賊政権を許すな!

中井洽の不敬言動は、いかに日本の政治家と称する者共の質が低下しているかを証明するものである。否、質の低下などという言葉で片付けられない。日本国の君主であらせられる天皇陛下に対する尊崇の念がない。かしこみの心がない。中井洽は文字通り不逞の輩である。

民主党政権の中枢にいる人物に、尊皇精神・皇室への尊敬の念が欠ける人物が多いことはますます明らかになった。菅直人は、「昭和天皇退位論者」であり、「国歌君が代斉唱」を拒否した人物である。小沢一郎は、畏れ多くも「皇室は騎馬民族の子孫だ。御陵を暴けばそれがわかる」「天皇は政府の言いなりになれ」などと言った。

今回の中井洽の悪質さは、秋篠宮同妃両殿下の御前での言動であり、天皇皇后両陛下がご臨席あそばされる直前での言動であることだ。

中井洽だけでなく、民主党政権が逆賊政権だということである。断じて許してはならない。

尊皇精神は日本の道義精神の根幹である。尊皇精神の薄い人ほど道義観念も薄い。中井洽はその典型である。中井は、国家公安委員長という重責にありながら、SPを外して30歳以上年の離れた銀座のホステスと連日のようにデートを重ねただけでなく、そのホステスは、議員宿舎のカードキーを使ってたびたび赤坂議員宿舎に入っていた。

さらに、平成104に妻が自殺している。中井の元秘書は、妻は中井の遊び癖に悩み、地元事務所の職員などに相談したりもしていたと言っているという。

常識的に考えれば、妻を自殺に追い込んだ人物が政治家を続けていること自体が常軌を逸しているのだ。

|

« 千駄木庵日乗十二月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50187113

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党逆賊政権を許すな!:

« 千駄木庵日乗十二月一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月二日 »