« 国旗を侮辱する警視庁に抗議を | トップページ | 赤穂浪士について »

2010年12月16日 (木)

千駄木庵日乗十二月十五日

午前は、母のお世話。介護の方と共なり。

午後一時半より、三田にて開催された「大行社幹部会」でスピーチ。この後、忘年会開催。小林節慶応大学教授・作家の郡順史氏・犬塚博英氏・渡辺謙二氏が挨拶。小生は「長編歌謡浪曲・俵星玄蕃」「ああモンテンルパの夜は更けて」を歌う。帰途、高齢の郡順史先生を秋葉原まで送らせていただく。郡先生は、今はあまり使われなくなった「文士」という言葉がぴったりの方である。

帰宅後は、明日の『萬葉會』における講義の準備そして『政治文化情報』発送準備。

年末となり、会合も多く、今週中に書きあげねばならない原稿数本などがあり忙しい日々です。しかし、こうしたことは大変有難いことだと思っております。ただ父が入院している病院に行く時間がない日があるのが残念です。また今日は、今年最後の『一水会フォーラム』に行くことができませんでした。

|

« 国旗を侮辱する警視庁に抗議を | トップページ | 赤穂浪士について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50313039

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月十五日:

« 国旗を侮辱する警視庁に抗議を | トップページ | 赤穂浪士について »