« 検察・警察に対する国民の信頼の喪失は国を崩壊させる | トップページ | 古賀俊昭都議の警視総監に対する抗議書について »

2010年12月29日 (水)

千駄木庵日乗十二月二十八日

午前は、母のお世話。具体的には、朝食・昼食を作ってあげることなどです。「伝統と革新」編集実務担当者と電話で年内最後の打ち合わせ。また、同志と中井前国家公安委員長への質問書のことについて電話で打ち合わせ。中井事務所はコメントを出さないという意向のようである。長期戦になるであろう。

午後は、年賀状執筆・投函

この後、病院に赴き父に付き添う。体をさすってあげると気持ち良さそうに寝てしまった。

帰宅後は、資料の整理。資料の整理をしながら、テレビで市川海老蔵の記者会見を垣間見たが、海老蔵は顔が前原外相に似ていると思った。そういえば前原氏は今年七月両院議員総会を欠席して海老蔵の結婚披露宴に出席したことが問題になった。録画しておいた「相棒」という刑事ドラマも見た。

|

« 検察・警察に対する国民の信頼の喪失は国を崩壊させる | トップページ | 古賀俊昭都議の警視総監に対する抗議書について »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50427000

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十二月二十八日:

« 検察・警察に対する国民の信頼の喪失は国を崩壊させる | トップページ | 古賀俊昭都議の警視総監に対する抗議書について »