« 千駄木庵日乗十二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »

2010年12月15日 (水)

国旗を侮辱する警視庁に抗議を

土屋たかゆき都議会議員から、次のようにメールが届いた。  

            

            ◎

古賀俊昭都議(自民・日野)が、警視総監に抗議を申し入れた

こともあろうか、警視庁は、暴走族の取り締まり訓練で、神聖な「国旗」を暴走族に持たせた。
暴走族は、言うまでもなく「違法行為」を繰り返す集団。取り締まるのは当然だ。しかし、何故、国旗をもたせなければいけないのか。
彼らが持つのは自由だ。暴走族と言えども「日本国民」に違いはないから。
しかし、警視庁の訓練で、違法行為をする集団に、意図的に、国家の象徴たる神聖な「国旗」を持たせる理由はどこにある?

数年前の「SAPIO」に中学生時代に国旗を書いたら、日教組の教師に「日の丸は暴走族の旗だ」と言われたと投稿があった。今回の警視庁の行為は、日教組の、こうした偏向教師の発言を補完することになる。

そもそも、暴走族の取り締まりも、無理な追跡はしないとか何とか言って、あいまいにする。だから、数十年前、水元公園で、怒った住民がピアノ線を張って暴走族が死亡した。張った人間は不明だが、それ以来、暴走族の暴走行為はなくなったと聞く。
違法行為を繰り返し、追尾され、転倒して死亡するのは「自業自得」ではないのか。アメリカなら、銃撃されてもおかしくはない。
肝心なことをしないで、訓練ばかりして、それに神聖な国旗を使用するなど、言語道断だ。

国旗を侮辱することは、天皇陛下を象徴を仰ぐ、日本国を侮辱することに通じる。

この行為を警視庁は「どう責任をとるのか」お聞きしたい。
古賀都議は、都議会議員といて、自分は、警察・消防委員会委員として聞きたい。従って、警視庁は、明確に答える義務がある。

違うか?
もし、受けてもらえるのなら、公開ディベートをしようではないか。
これを企画した担当部長と私か古賀都議、双方二人づつでも結構。
公開で、この行為が正当かどうか議論しよう。

【困りごとなどで、警察に相談したい時は、
警視庁総合相談センター「#9110」又は「03-3501-0110 begin_of_the_skype_highlightingend_of_the_skype_highlighting 
(平日のみ受付/8:3017:15 
に、ダイヤルしてください。】警視庁hpより引用
『国旗を侮辱した行為は、日本国民として”困りごと”だから相談してもいいでしょう』

■古賀都議に、激励の電話 メールを!
      0425-87-2200
      koga@toshiaki.name

             ◎

こうしたことは以前にもあった。何かの国際会議が日本で行われる直前に行われた右翼の抗議活動取締り訓練で、「右翼」の役を演じる機動隊員に「国旗」を持たせた。

警察は、他の官庁と比較すると、国旗・国歌を大事にしているように思えるのだが、こういうことが繰り返されるとなると、そうではないということになる。

国旗・国歌を本当に大切に思っているのなら、訓練の制圧対象に「国旗」を持たせるなどということができるはずがない。

国旗国歌法制化に反対し、国家を歌うことを拒否した人物が、内閣総理大臣になり、皇室を侮辱する人物が国家公安委員長をしている世の中だがら、官庁・役人が「国歌国旗」を侮辱するのも当然か。

警視庁警備当局は、国会への請願行進でも、国旗を捧持して行進することを禁じている。これもおかしい。国旗を奉持するのと、赤旗を立てるのとの一緒にしているのだ。しかも真正保守の人々の請願行進で参加者が手にする国旗は、小さな紙製の国旗である。武器になる可能性は全くない。それても駄目だと言う。

国旗は、太陽をかたどっている。天照大御神は皇室の御祖先神であらせられると共に太陽神であらせられる。国旗を侮辱することは、すなわち、皇室を侮辱することであり、祖国を侮辱することだ。

警視庁には、昭和天皇の御製碑が建てられている。官庁に「天皇の御製碑」が建てられているのは、警視庁以外にないのではないか。私は寡聞にして知らない。しかるに、最近はこのような体たらくになっている。許し難いことである。

警視庁に厳しい抗議をしなければならない。警視庁の国旗に対する侮辱は、土屋氏の言われるとおり、まさに国家的な困りことである。

|

« 千駄木庵日乗十二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50303905

この記事へのトラックバック一覧です: 国旗を侮辱する警視庁に抗議を:

« 千駄木庵日乗十二月十四日 | トップページ | 千駄木庵日乗十二月十五日 »