« パソコンの故障について | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十日 »

2010年11月10日 (水)

ビデオを公開した人物は国民的英雄である。

            

城内実衆院議員は八日の「ブログ」で次のように書いておられる。

「今日の夕刊を見たら、『尖閣映像流出ー海保が刑事告発、 守秘義務違反容疑ー検察捜査を開始』という見出しがおどっていた。ビデオ流出の張本人が那覇地検なのか海保なのかは分からない。が、このビデオを流した者は、己の身の危険(国家公務員法違反)をかえりみずに日本国民いや、世界の良識ある市民のみなさんに、菅ー仙谷ラインが隠蔽しようとした中国漁船の乱暴狼藉を働いた真相を知らせようとしたという点では、近年まれに見る勇気と覚悟をもった国民栄誉賞ものの英雄ではあるまいか。」

まったく同感である。支那漁船(工作船)の犯罪行為を隠蔽して国民公開しないばかりか、犯人を逃がしてしまった政府こそ「証拠隠滅」「犯人隠避」の罪に問われるべきである。

ビデオを国民に広く公開した人物こそ、まさに国民的英雄であり、「国民栄誉賞」を授与すべきである。

さらに言えば、領海侵犯・海保警備艇への不法行為を働いた犯人を逃がした政府に、ビデオを公開した正義の人物を追及し処断する資格はないし、する必要もない。また、ビデオを公開した人物も、自ら名乗り出る必要はさらさらない。

|

« パソコンの故障について | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49984990

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオを公開した人物は国民的英雄である。:

« パソコンの故障について | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十日 »