« 千駄木庵日乗十一月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十二日 »

2010年11月22日 (月)

柳田法相の辞任では事はすまない。仙谷長官も辞任せよ。

柳田法務大臣は、「検察改革をしなければならないから辞任しない」と述べたという。全く国民を愚弄する言い草である。法務行政に全く素人だと自ら認め、国会答弁は役人から言われたフレーズを繰り返せばいいなどと述べた人間が、検察改革という重要問題を推進する資格などありはしない。とっとと辞任すべきだ。本人に辞任する意思がないのなら、菅総理は速やかに柳田法相を罷免すべきだ。ただ問題なのは、柳田氏の後任に擬せられている小川敏夫法務副大臣は自治労などの左翼労組が強力に支援する左翼弁護士であることだ。

ビデオを公開した海上保安官は、「職を失うことは覚悟していた。他に迷惑をかけたことは反省する。甘んじて刑は受ける。」と語ったという。立派な態度である。あのビデオは国家機密でも何でもない。当然全国民に公開すべきものである。支那を恐れて公開できなかった民主党政権が悪いのである。海保警備艇を襲撃した犯人を支那に送り返し、公開すべきビデオを秘匿した菅政権こそ、犯罪行為を犯したのである。

民主党政権は、領海が侵され、主権が侵害され、海上保安庁の艦船が攻撃されたのに、共産支那に対して毅然とした対応ができなかった。そればかりか、共産支那を恐れあまり日本国民及び国際社会に対して支那船の不当不法な攻撃の実態を開示しなかった。その結果、共産支那の傲慢無礼な態度は加速し、わが国は屈辱的対応をしなければならなくなった。民主党政権の罪は深く重い。

民主党政権が続く限り、我が国が支那とロシアという巨大な軍事国家の奴隷になる危険が高まり続け、日本は亡国の道を歩む。柳田法相辞任でことは済まない。仙谷由人も即刻辞任せよ。そして民主党政権を一刻も早く打倒すべきである。

|

« 千駄木庵日乗十一月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十二日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50096334

この記事へのトラックバック一覧です: 柳田法相の辞任では事はすまない。仙谷長官も辞任せよ。:

« 千駄木庵日乗十一月二十一日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十二日 »