« 千駄木庵日乗十一月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十日 »

2010年11月20日 (土)

民主党亡国政権を打倒し維新を断行すべし

民主党政権は全く駄目である。民主党には政権をになう資格も力量もない。領海が侵され、主権が侵害され、海上保安庁の艦船が攻撃されたのに、共産支那に対して毅然とした対応ができない。そればかりか、共産支那を恐れ日本国民及び国際社会に対して支那船の不当不法な攻撃の実態を開示しない。

そのうえ、敵性国家に対しては「柳腰外交」などと詭弁を弄して、軟弱な対応をしつつ、祖国防衛の任に当たる自衛隊を「暴力装置」などと侮辱した。菅・仙石内閣はまさに亡国政権である。一刻も早く打倒しなければならない。

幕末期の徳川幕府も、迫りくる西欧列強の侵略に対して毅然とした対応ができなかったが、今日の民主党政権よりはましであった。

我が国は内憂外患こもごも起こる時に、一大変革が断行され、救国の維新が断行された歴史を持つ国である。大化改新・明治維新がそれである。民主党政権が作り出した内憂外患により亡国の危機に瀕している今こそ、大化改新・明治維新に学び、維新を断行して国を救わねばならない。

共産支那や北朝鮮の「傲慢無礼」な反日政策・対日侮蔑外交が繰り返されている今日、わが國民は、「民族の正気」を回復し、屈辱と汚名を晴らす行動に出なければならない。

|

« 千駄木庵日乗十一月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50076642

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党亡国政権を打倒し維新を断行すべし:

« 千駄木庵日乗十一月十九日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月二十日 »