« 田久保忠衛氏の講演 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十一日 »

2010年11月11日 (木)

ビデオを公開した海上保安官は英雄であり模範的公務員である

ネット上に公開されたビデオは国家機密でもなんでもない。当然、国民に公開されるべきものである。したがって公開した海上保安官は、機密漏洩の罪を問われる理由はない。海上保安官の行動は、刑事罰に当たる機密漏洩では断じてない。守秘義務違反にもあたらない。正義の行動であり、公務員としての正当な職務を執行したのである。捜査当局は処罰すべきではない。それが圧倒的に民意である。

民主党のいう「政治主導」とは、支那を恐れて、海保・検察に命じて違法行為を行った支那人を無罪放免にし、国民の知る権利を奪うことだったのである。菅政権、とりわけ、仙谷由人こそ罰せられるべきである。

            

原口一博前総務相は「残念で痛ましい。政治の(非公開の)決断がある意味で『罪人』を作ってしまった。一生懸命取り締まっている人たちがその思いを違法な形でしか出せなかったことに、大変な憤りを感じる」と職員を擁護した。正論である。しかし、「罪人を作った」という表現はおかしい。海上保安官は罪人ではない。英雄である。模範とすべき公務員である。

|

« 田久保忠衛氏の講演 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十一日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49993986

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオを公開した海上保安官は英雄であり模範的公務員である:

« 田久保忠衛氏の講演 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十一日 »