« 千駄木庵日乗十一月五日 | トップページ | お詫び »

2010年11月 6日 (土)

ビデオ流出に思うー民主党内閣を打倒せよ

沖縄県尖閣諸

沖において、共産支那の漁船と称する船によるわが国の海保警備艇攻撃事件を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した。これは政府部内の憂国の士が国民に共産支那の暴虐を知らしめるために行った正義の行動であると思う。決して犯罪行為ではない。救国のための超法規的行動である。まさに「愛国無罪」である。

「身内から流出した」などという報道が行われているが、海保・警察・検察そして自衛隊には、民主党亡国政権の身内などという意識はない人が多いのではないか。敵性国家に媚を売り、官僚を敵視する政権を打倒したいと思っている人もいるに違いない。

「政府の情報管理がしっかりしていない」という報道もあるが、支那を恐れてビデオを公開しなかった政府が悪いのだ。政府が「国民の知る権利」を侵害したことが今回の正義の行動の原因である。石原都知事が、「結構ですね。これは内部告発。みんな知りたいことなんだから。」という発言は全く正しい。政府の責任は大きい。

あの支那の漁船と称する船の攻撃ぶりを見ると、この船の乗組員は、普通の漁船員ではない。特別に訓練された民兵か海上工作員である。計画的な攻撃であることは確実である。

ともかく、政府は、最初からビデオを全面的に公開すべきだったのである。そして、共産支那に対してその非を徹底的に糾弾し強く抗議の意志を表明し、支那に謝罪させるべきだったのである。

ロシア大統領が北方領土に上陸したのも、民主党政権の軟弱な姿勢を見て、わが国に対して攻勢をかけて来たのである。この民主党政権が続く限り、日本は大変なことになる。一刻も早く打倒すべきである。

|

« 千駄木庵日乗十一月五日 | トップページ | お詫び »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49947541

この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ流出に思うー民主党内閣を打倒せよ:

« 千駄木庵日乗十一月五日 | トップページ | お詫び »