« 千駄木庵日乗十一月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十三日 »

2010年11月13日 (土)

逮捕されるべきなのは海上保安官ではなく支那人船長だ

ビデオを公開した海上保安官を逮捕するかどうかで捜査当局の意見が分かれているという。わが国の捜査当局が為すべきことは、支那に赴いて、帰国した漁船に偽装した工作船船長を逮捕することであって、国民の知る権利にこたえるという公務員として当然を職務を果たした海上保安官を逮捕することではない。

石原都知事は「流出させた人間は愛国者だと思う。売国内閣が罰する資格があるのか」と言っていたが、全くその通りである。石原慎太郎氏はやはり総理大臣になるべきであった。

もしも海上保安官を逮捕し、起訴するような事が本当に行なわれたら、日本国は法治国家ではなくなる。そして海上保安官たちは、領海侵犯の排除・自国民の安全確保という任務のやる気をなくす。

今回の問題で最も罪が重いのは、支那工作船船長の釈放を命じ、ビデオ公開を禁止した仙谷由人官房長官である。この人の罪こそ問われなければならない。

さらに言えば、日頃「日中友好」を唱え支那に媚を売っていた政治家の罪も大きい。しかもこの連中は今回の問題で何の行動も起さないばかりか発言もしない。池田大作・福田康夫・田中真紀子などは何をしているのか。大勢の子分を引き連れて朝貢外交を行った小沢一郎は何をしているのか。

小沢や仙石や田中真紀子のような売国奴が罰せられず、正義を行った海上保安官が罰せられるようことは断じて許されない。

|

« 千駄木庵日乗十一月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十三日 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50010546

この記事へのトラックバック一覧です: 逮捕されるべきなのは海上保安官ではなく支那人船長だ:

« 千駄木庵日乗十一月十二日 | トップページ | 千駄木庵日乗十一月十三日 »