« 国家の危機に田中真紀子・福島瑞穂は何をしているのか | トップページ | 「前門の狼、後門の虎」まさに国難到来 »

2010年11月 1日 (月)

千駄木庵日乗十月三十一日

午前は、母のお世話。

午後は、諸雑務。

この後、病院に赴き、父に付き添う。

帰宅後は、原稿執筆の準備・資料検索・整理など。

今年もあと二カ月となった。せわしなく過ごしていると、本当に月日が建つのが早い。カレンダーもあと一枚を残すのみとなった。父と母が一日でも長く生きてくれること、そして、苦しみが少ない事を祈り続ける毎日である。

|

« 国家の危機に田中真紀子・福島瑞穂は何をしているのか | トップページ | 「前門の狼、後門の虎」まさに国難到来 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/49901757

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十月三十一日:

« 国家の危機に田中真紀子・福島瑞穂は何をしているのか | トップページ | 「前門の狼、後門の虎」まさに国難到来 »