« 海上保安官の六日間にわたる身柄拘束はおかしい | トップページ | 民主党の外交は国を滅ぼす »

2010年11月17日 (水)

千駄木庵日乗十一月十六日

午前は、母のお世話。

午後二時より、赤坂の日本財団ビルにて、『東京財団フォーラム・二〇一〇年横浜 APECをふりかえる』開催。パトリック・クローニン親米国安全保障センター上級顧問、石毛博行前経済産業審議官、佐橋亮神奈川大学准教授・畔蒜泰助東京財団研究員がパネリストとなってパネルディスカッションが行われた。

この後、病院に赴き父に付き添う。

帰宅後は、≪伝統と革新≫編集の仕事、及び『政治文化情報』発送準備。

|

« 海上保安官の六日間にわたる身柄拘束はおかしい | トップページ | 民主党の外交は国を滅ぼす »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121949/50051502

この記事へのトラックバック一覧です: 千駄木庵日乗十一月十六日:

« 海上保安官の六日間にわたる身柄拘束はおかしい | トップページ | 民主党の外交は国を滅ぼす »